カテゴリー「グレンダテープ」の1件の記事

グレンダテープ。

シュムリーが出したテープと違って、微妙にこのグレンダテープは偽物なんじゃないか、と言われています。あのカレン・フェイも偽物だと言っています。なので、このブログでは特に載せていませんでした。ただ、コメント欄にこのテープの存在について書かれた方がいらしたので、情報として、一応、載せておきます。

そもそも、このグレンダって誰?ということなのですが、グレンダの息子とマイコーがお友達だったそうで、グレンダと電話でよくお話していたのだそうです。その電話の相手がよもやマイコーだとは思わず、不倫しているのではないかと疑ったグレンダの夫が盗聴テープを作成したのだそうです。(グレンダが実はリサなんじゃないか、という噂もありますが(^_^;)、違うと思います。)

そして、このテープは、マイコーが普通の男性であることを証明するための証拠テープとして、裁判で使われた、という話が出回っていましたが、これは完全に嘘で、カレン・フェイも『マイケル・ジャクソン裁判』の著者アフロディーテ・ジョーンズさんも、裁判では使われていない、法廷記録にも載っていない、と話しています。

なので、ちょっと微妙な存在のテープです。テープの中で、マイコーは、タラボ本で書かれていることや、ほかのインタビューで言ってることなど、そのまま言っていたりするので、本当のように感じられもしますが…。Kathyという黒人の看護師が白人男性と寝ない理由について、嬉しそうに話しているマイコーもいます。オプラショーでは、ラトーヤの本は読んでいないと言っていたのに、このテープでは、ラトーヤの本を読んでいるかのようです。なので、信じられるか、信じられないか、は、これまた読者次第です。

テープに出てくる女性は、Melissa,Kathy(黒人の看護師),Tate(Tatum),Diana,S,それと名前が出てこない女性。はっきり言って、アットランダムに話しているので、どの話がどの女性の話か、わからなくなります。マイコーが本当に愛していて、マイコーより年上でジョーに立ち向かっていった女性は、ダイアナなのではないかと言われています。聞くとわかりますが、どの話が誰なのか、かなり混乱します。

テープの一部ですが、以下スクリプト付きのヨウツベです。

http://www.youtube.com/watch?v=GTD151jcF3k

う~ん。そもそも、このグレンダ、get it togetherも知らず…(^_^;)、Dancing the dreamをマイコー本人に薦められていたようです。この本にはゴーストライター説、ありません。

ちなみに、ムーンウォークに関しては、ゴーストライター説もあるにはありますが、マイコーが声をテープに吹き込んだ口述筆記であったという意味のゴーストライターですので、マイコーの言葉がそのまま反映されています。私は何度も書いていますが(^_^;)英語版も日本語版も持っています。
マイコー的には、Dancing the dreamの方が、自分の正式な伝記として捉えているようですが。

Dancing the Dream Book Dancing the Dream

著者:Michael Jackson
販売元:Doubleday & Co Inc.
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝 Book ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

著者:マイケル・ジャクソン
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

同じテープでも、やっぱりMJテープの方が、信ぴょう性が高く感じられますが、皆さんのご判断に委ねます。MJテープの内容は以下。

http://mjwomen.cocolog-nifty.com/mj/cat36535274/index.html

|