カテゴリー「映画、イベントなどの感想」の5件の記事

ぽっぱてぃ~!(ティトライブのネタバレあり!)

ティト・ジャクソン ~トリビュート・トゥ・マイケル・ジャクソン~にtwitterでいつもお世話になっているmさんと行ってきましたっ!

1stステージが始まる前に、サクッとスタバで食べ、ブルーノートに戻ろうとしたら、外で、ティトがファンサービスをしていました。ぎゃー!と小さい声(のつもり)で言いながら、駆け寄り、既にいたファンの方達が写真を撮り終えた後、まずは、メッセージを書いて用意していた鷹の絵の木版画のカードと、サインをもらうためのCDケース(mさんにいただいたもの(^_^;))をティトに渡しました。

131165706 一瞬、木版画カードにサインされそうになったので、あぁ~、This is for you! I can just put this here.とぼそぼそ言いながら、ティトのポケットにいそいそと無理矢理入れようとする無謀な私(^^;)それを見て、おぉ~、と、すぐにお付きの人に、ティトがCan you hold this for me?と言ってカードを渡し、CDケースを開けられ、サインしてくださった。(まさか、サインなんてもらえるなんて思ってもみなかったんだもーんっ!mさん、すまんっ!)

そして、お写真もおねだりheart01もう、腕を回したら、ぽにょぽにょもちもちの包容力ある体で、ポッパティ~っheart04って感じでした。顔もくっつけちゃったりして、ジョリジョリ感の余韻がほっぺに残りました。はぁ~、心地よい~wこういう紳士的なオヤジ、好き~っ!みたいな。そして、写真を撮られている合間に、もう殆ど、猫なで声で(私、何やってんの?!)、ティトの目を見つめながら、「日本に来てくれてありがとう!実は、私、メールしたのよ。(このライブが決まる前にメール。数年前のコットンクラブは、授乳中で行けなかったから、また来たら、絶対に行くっ!とメールをしていた(^_^;))」。ティト「え?僕にe-mail?(と驚く顔。)」私、「そう。だって、凄く会いたかったから!Yeah, 'cause I wanted to see you so much!」ティト、「ういヤツじゃ。Oh, you're such a sweetheart!」なんて言われちゃいました(^-^)(どうやら、みんなに言っていたようですがw)一瞬の出来事でしたが、その後は舞い上がっちゃって、記憶にないです(^^;)

この一瞬でも心臓バクバク。これがマイコーだったら、きっと倒れていただろうなぁ…。

そして、ステージが始まる。ブルースですわぁ~。ティトのブルース!ジャジ~で、好き~、こういうの。生ならではっ!バックコーラスの女性3人(一人はニコール・ジャクソンさん)の迫力も、ならではっ!でした。こういうシンプルで本当に音楽好きが純粋に楽しめる音楽、心の底からビンビン響く音楽、たまらなく好きです。ティトのブルースへの深い愛もびんびんに伝わってきました。

で、途中J5メドレー。これは、立って踊っている方が多数でしたが、私は一緒に歌いながらも、予測通り(特に小さい頃のマイコーの曲は、未だに、涙なしでは聴けない・・・。)、涙が止まりませんでした。他にも、涙している人たちを見かけました。ティトも、笑顔を見せずにギターに集中していて、寂しそうに見えました。こんな私でさえ、まだ受け入れられないので、ティトは、もっと受け入れられないんだろうなぁ、と思いました。私の精神状態がそう見させてしまうのかもしれないですが。その後、ハートブレイクホテル、シェイクユアボディとダンシングマシーンは、ノリノリに一緒に歌い、踊りました。

最後、他のミュージシャン達が楽屋に戻るとき、Thank you for the great music!と言って握手しました。お一人は、凄く長く握手してくださいましたw

ティトの印象。もう、とにかくいいお父さん!良い人!という感じで、敬愛する名探偵さんによると「マイケルは僕よりもずっと女性と関係があったよ」と言っていたらしいのですが、なんていうか、音楽のうまさ、ギターのうまさ、メカオタク、というのが、私の頭の中にインプットされているせいか(?)、ティトに、モーションをかけるなんて、以ての外な感じがしました。うまく表現できないのですが、自分のこんな低俗な浅い世界に、人生相当色々あったであろうティトを落とせない、落としたくない、という感覚がありました。(って、モーションかけようとしたんかいっ!おこがましいやつっ!100万年、早いっ!と怒られそうですが(^_^;))う~ん。ブラックな世界に私は絶対に立ち入り禁止な気持ちがした、というのかしら・・・。う~ん。うまく表現できません。

マイコーも、もし実際に会っていたら、今回のティトと同じようにきっと凄く優しくしてくれたと思うんですけど、やっぱり別世界の人で、凄く遠くに感じていたのかもなぁ~、深みが違いすぎる~っと、これまた本当に基本中の基本みたいな感覚に襲われました。

はぁ~、だからこそ、ファンとしてではなくて、普通の形で、出会いたかったなぁ~。これも、縁だよなぁ~。とつくづく思いました。

自分でも、何書いてるんだか、分からなくなってきた…(^_^;)

いずれにせよ、凄く貴重な時間をティトからいただきました!ティト、ありがとーっ!あいらびゃ~っ!!

※ティトと一緒に撮った写真は流石にこちらにあげる勇気はないので、ジャクシティのマフレ限定日記で後ほどあげます。もちろん自分の顔は隠して()


追記:

一日経ち、やっぱりティトには、「暗さ」があったよなぁ・・・、としみじみ。明るいほんわかキャラだと思っていましたが、実物は、影のある男に見えました。なんていうか、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとか、チューチョ・バルデスみたいな哀愁漂う感じ・・・。ティトも本当に色々あった方ですものね。自分、おめでたいなぁ~、とつくづく思いました。

後、ティトのブルースを聴いていて、昔、ブルーノートにちょこちょこ行っていた頃に感じていたあの一体感がすごくあるライブ感を味わいました。これぞブルーノートだよ~っ!と思いましたし、トリビュートという形ではなくて、「ティト」個人で来ても充分良かったのになぁ~、と思いました。すっかり、あの数時間で、ティトの虜になってしまいましたw

|

東京タワー 〜マイコーと金パンと、時々、表記ミス〜

行ってきましたっ!初日!8時半に東京タワーにファン仲間と集合して、並びました。

ジュリアナは、相変わらず段取りが悪くて、ネットで振込した方のIDが届いている人もいれば、届いていない人もいる中、当日券をゲットしたい人が、どこに並べばいいのかも、あやふやな状態で、日本語話せる外国人の方々は、精一杯頑張っていたとは思うのですが、無理やり、「マイコー!マイコー!」の掛け声で盛り上げようとするところに、工夫が見られず…。
最初、20人のファンの方がテープカットする方達に選ばれ、記念品のバッチをもらっていました。で、私のファン仲間の一人も選ばれ、盛り上がりを見せました。でも、その記念品を渡すのと、テープカットのテープを持たせるのと、遺品に触らせないようにウォッチするためにいた20人くらいの女性達。別に、リアーナ風のセクシーな恰好はさせなくて良かったのでは(^_^;)??まるで、お立ち台のバブリーな時代がよみがえるかのようで、おネエちゃん達に扇子を持たせたくなりました。(←オヤジ)

そして、当日券購入の中では、1番前に並んでいた私達。チケットゲットして、展示室の中に入るまで、また待たされました。うっかり何度もフライングをするファン仲間(笑)

Neverlandgate300x280 やっと東京タワー内に入り、いきなりネバランのゲート登場。でも、この黒い部分だけ。Neverland_main_gate_logo で、入口におそらくこの真ん中の部分が展示されていたのですが、ファン仲間と、微妙にちゃっちぃ作りになっている気がして、「これは、ジュリアナが勝手に作ったんだよね~?!」と、じーっと見た末にスルー。それから、契約書やら、衣装やら、あれこれ、展示されているものを見たのですが、いきなり、「トライアンフ」が「トリンプ」になっていて、おいおい…下着じゃねぇーんだよ、とファン仲間がそこにいたスタッフに文句。スタッフ、「あ、知ってます。すみません。」みたいな、ノリ。おいおい、ちゃんとしてくれよ、みたいな。つーか、天下のマイコーさまの遺品なんだから、それくらいのチェックは入れろっつーの。

その後、まぁ、私達の集団だけでしょうか…、かなり大騒ぎしながら、(←ご迷惑をおかけした周辺の皆さま、すみませんっ!)順路を進んでいった。かなりゴーストのブラウスに萌えたりしたが、最初の部屋が終わる頃、「えぇ~?これで、2000円かよ~。」と思ったら、もう一つロールスロイスのあるお部屋があり、そこで、ようやく噂の穴あき金パン登場っ!!!バドマの衣装あり、AMAの衣装ありで、盛り上がりは最高潮!かなり大声で、金パンのあそこの部分の穴はなぜ開いているのか、を尤もらしく、まじめな顔でファン仲間に説明し、マジマジと赤い線を思い切り超えながら下から見ていた。で、王冠のところで、また解説の表記ミスを見つけ、スタッフに文句。
ロールスロイスも、ここで、クチャクチャやっちゃってたのかもね~、なんて言いながら、あれこれ、細かい部分まで観察。あの車は凄いわ。マイコーの好み、ドンピシャ。

いやぁ~、こうやって書くと、いかに自分が下品な客だったかがわかるわぁ~(-_-;)

他にも、ザルディに「肩、肩!」と強調していたのはマイコーだったらしいけど、デニス・トンプキンスとマイケル・ブッシュのセンスはやっぱりいいよなぁ、あの人たちがザルディの登場を面白く思わなかったのも分かる気がする~、なんて話をして、ほんっとーにぺちゃくちゃぺちゃくちゃずーっと喋りながら、あれこれ、あらゆる角度から見ていました。それで、何度衣装に抱きつきたくなったことか…。素材を確かめたかった~(>_<)

途中、展示されているものは、いくらなのか?とか、全てオークションに出るのか?とスタッフに聞いてみましたが、間違って、一番ペーペーなスタッフに聞いてしまったらしく、よくわからない答えしか返ってきませんでした(^_^;)

でも、そら、気になるわよ。ジュリアンズと言ったら、あーた、一度、トーメがマイコーの許可なしに勝手に持ち出させちゃって、オークション中止になったという話がありましたから、今回のこれらの品も、どんなことになっちゃうんだかぁ?と思うわけですよ。ファンとしては、命日にオークションなんかされず、ずっと展示されていてほしいけど。金に困ってるわけじゃないんだしさぁ…。ってことで、マイコーがオークションに出してほしくなかったものは、そのまま出されないままであってほしいのですが、どの品がオークションに出るのか、よくわからん…。

東京タワーの結論としては、ひぃーっ!と盛り上がる部分もあるけど、ジュリアナの対応(スタッフの質問への答え方や、マネキンのサイズが小さいこととか(金パンはパンパンに着ていたのっannoy!!)全般的に、マイコーよりも断然金優先な感じ。)に盛り下がる部分もあり、最終的に、マイコーにいてほしかった、と、がくーんっと来てしまい、見るのは、一度で充分だなぁ、という感じでした。これから、行く皆さまは、あまり期待せずに行くと良いかも?

あ!そうだっ!カタログを3000円で買いましたが、カタログに載っているもの全てが展示されていなかったことにもちょっと不満…でした。

 

というわけで、キャプテンEOに期待!!キャプテンEOがバージョンアップして、マイコー、トーストされて登場してくれないかなぁ…(>_<)(とファン仲間とつぶやいてました。)

|

マイケル・ジャクソン・ L.O.V.E・ナイト。だらだら感想文。

行ってきましたっ!長野から東京へっ!わざわざ吉岡さんとゴータマさんのお話を聞きにっ!

で、内容を忘れる前に感想を書いておきたいと思います。

あのマイコーについて語るわけですから、もちろん、内容は多岐に渡りました。93年事件や裁判について。アンチ新聞の話。ダイアナの話。ジャクソン兄弟のリアリティショーの話。ジャクソン兄弟の仲についての話。吉岡さん秘蔵写真解説付き。グラミーのマンミラでマイコーがお膝を痛めた話。権利関係の話。日本のDSがどこにでも出てくる理由。歌詞の話。などなど。

スペシャルゲストは、「moonwalker」(http://moonwalker.jp/)のとよさんと、「マイケルの遺した言葉」(http://mjwords.exblog.jp/)の大西さんでしたっ!

紹介のあった動画。

body(めちゃくちゃ懐かしくて、口ずさんでしまった(^_^;))http://www.youtube.com/watch?v=k5diSvbDKMQ

torture (このビデオの記憶が全くなかった…(^_^;))http://www.youtube.com/watch?v=_eRiVBBwkqY

reality show(とよさんの解説が面白かったですっ!) http://www.youtube.com/watch?v=mTPaulylDA4

http://www.youtube.com/watch?v=12s5m1LPGj4

てんこ盛りで、ひっじょーに楽しかったです。るん♪

まるで青海キャンパスへ、講義を聞きに行ったみたいな感覚で、吉岡さんは、もう教授ですね。包容力のある感じで、肩の力が全く入っていなくて、それでいて、的確な発言をされるので、一気にその魅力に引き込まれます。ゴータマさんは、准教授。場慣れされていて、本当におしゃべりが上手でした。私は、養老ファンなんですけど、養老先生と同じで、本も、もちろん面白いのですが、お話の方がより面白い。なので、聞き甲斐がありますし、ライブに行って良かったと心底思いました。

ゲストのとよさんは、本当に誠実さが、体全体から湧き出ている感じで、スバルの営業マンを思い起こさせました(この例え、わかりにくい・・・(^_^;))とよさんについては、実は、ずっと前になりますが、moonwalkerの掲示板で、かなり大人な適切な対応を取られていた(絶対におこちゃまな私には真似できない)ので、顔が分かる前から、ずっと、どんな方だろうと思っていました。熱中夜話で拝見して、誠実そう~、というところから、(実はシャイなあちき(^_^;)が)かなぁ~り勇気を出して、ジャクシティで、愛のメッセージを送りました(笑)ゴータマさんも仰っていましたが、本当に優しいお方です。

大西さんは、吉岡さんのブログで、存在は知っておりましたが、全く何も知らなかったので、なんだか雰囲気の違うちょいワルオヤジ、いや失礼、紳士が、横の方に座っているなぁ、なんて思っていたら、大西さんでした。ビジネスマンという雰囲気でしたので、そういう方がまさか歌詞を訳されるなんて?!と、そのギャップにびっくりいたしました。

4時限目の途中で、どうしても、最終の新幹線に間に合わないといけなかったので、途中退出させていただきましたが、名残惜しくて、そのまま教授たちと、ゼミの帰りみたいな感じで、飲みに行きたい気持ちでした~(涙)。

で、やっと内容に関する感想ですが…、はっきり言って長いです。グダグダ書いているので、スルーしちゃってくださいまし。ほとんど備忘録です(>_<)

最初に、事件や裁判の話がうやむやになってることについて、懸念を示されたゴータマさん。本当にそうなんですよ。裁判の時に、よってたかって魔女狩りのようにマイコー苛めをした人達の多くが、マイコーが亡くなった途端に、全くその話題に触れないどころか、マイコー絶賛派になってしまいました。ラリーキングライブでも、何度も、ラリーが「裁判の話題は出なくなったよね…。なんで?」と言ってました。ジェラルド・リベラも、このことについて、信じられない、と言ってましたし、アンチマイコーで、ガセネタを語気を強めて言い続けているビル・オライリーも、手のひら返した人たちに関しては、信じられない、と言ってました。

ファンであれば、マイコーの作品や、マイコーがやってきていることを見てきているので、絶対にやっていない、と言いきれますし、無罪なのは当然であり、二度もでっち上げの事件に巻き込まれたのは、腹立たしさを超えて、悲しみと辛さが残ります。あんな酷いことに2度も巻き込まれて、本当によく生きていてくださった、奇跡のような人です。そう。あくまでも「人」。マイコーを「人」として見ていない人が多いから、飯星景子みたいなKY発言が出てくる(怒)。

トークショーの方々が、おっしゃっていた通りで、メディアが悪いのは明らかで、メディアはマイコーに対して要謝罪です。亡くなっても、です。メディアが冤罪を作り上げてしまうような構造は断ち切らないと駄目!しかも、マイコーの場合は、世界規模で。でも、現実は、マイコーが亡くなっても、なお、メディアは、マイコーというエサにより生き続けています。メディア側が謝罪した例は、『マイケル・ジャクソン裁判』の本そのものですが、あれだけでは、まったくもって足りません。だって、そもそも、この本、自主出版なんですよ。マイコー擁護の本はお断りだと、どの出版社にも断られたのです。この事実は、別のことを示唆してくれています。そう。メディア操作をしている背後の人たち。この人たちの圧力が果てしなく重いのだと思われます。そいつらは絶対に表面に出てこないでしょうけど、地獄行きなのは間違いありません。サンタからプレゼントなんて、死んでも期待するな。

ゴータマさんが、あちらこちらで表面的な話で終わってしまう理由についてもお話してくださったので、よく理解できました。そういう意味で、昨日は、かなりコアなファンしか集まっていなかったでしょうから(笑)、話しやすかったでしょうし、本音トークができたのではないかと、お察しします。

妙に納得してしまったのが、私みたいな田舎にいる一主婦が好き勝手言ってる分には、大した影響力はありませんが、ゴータマさんは、所謂業界人ですし、有名人ですから、縛りがありますよね。ソニーの陰謀論の話なんて、間違っても言えないでしょうしね~。業界人だからこその気苦労が多いのではないか、と思いました。

というわけで、千葉リサコ、決意を新たにしました。ますます、好き勝手言わせていただきますっ!ドン引きされるのを覚悟で(^_^;)だって、こんなの、ただの趣味ブログだもーんっ!大いに開き直ります(笑)私なりの女性史研究にも力の入れ甲斐があるというものです(笑)

93年ごろから、93年事件の精神的な痛手により、顔が変わった(表情が違った)、というお話については、あの頃は、リサやデビーとのこともあるし、その後3人の子供達にも恵まれているので、もちろん、93年事件の痛手は被っていたとは思いますが、どちらかと言うと、表情が少なく見えたのは、カレンの過剰な塗り壁メークの影響じゃないかと、個人的には思いました。むしろ、裁判前後の方が、表情は痛々しくて、マイコーを見るのが辛かったです。

ダイアナの話では、ちょうどダイアナとマイコーの年表を作りたい、なんて思っていたので、思わぬヒントをいただいちゃいました。ダイアナの自伝、入手しなくては…。(←読む時間、あんのか?!)

Book/ダイアナ ロス自伝

スラッシュ自伝は、英語版を友達から借りているのですが、全部読まなきゃ~、と思って、読むまでの一歩がなかなか出ずにいました。でも、吉岡さん流の読み方(索引を見て、関係箇所だけ読む)をすることにしました~。

Slash

Alejandrajackson_1192916627 ジャクソン兄弟の話で、ランディの奥さんをジャー兄が取ったという話が出ましたが、これは、確か、ミクシィのマイケル・ジャクソン塾のNEWSトピで、いろんなニュースをおっかけているときに、私は知りました。確か、ジャー兄のことを、この奥さんが訴えたというニュースで。別の意味でもブラザーじゃんっ!というコメントを入れた気がしますが、忘れました。ランディの元カノとマイコーが、ランディの前で腕組んで歩いていた、という噂もある(っていうか写真があった)ので、ランディってば、お兄さんたちに、してやられていて、有能ないいやつのはずなのに、女性関係に関しては、可哀想な印象(>_<)

余談ですけど、マーロンは、スーパーで働いていた、なんてニュースも過去にありました~。本当かどうかは分かりませんが、兄弟たちも話題は尽きませんね。

吉岡さんの貴重なお写真達は、もう、羨ましい、の一言でした。ラトーヤも美しかった~。マイコーは当然ですが、かっこかわゆいの一言。セルジオ・メンデスまで写ってて、凄いですよ~!セルジオ・メンデスつながりで、サイーダ・ギャレットとウィル・アイ・アムがフィーチャーしている曲→http://www.youtube.com/watch?v=-lUqc5i7PV4

グラミーのお膝を痛めたお話は、当時、リアルタイムで、私の中では、かなり大きなニュースでした(確か、お膝のお皿を割ったとか?だった気がします??)ので、記憶していましたが、その翌日に、映画ムーンウォーカーのspeed damonにつながる走るシーンを撮影して、いやな顔一つしていなかったとは…。しかも、ライブまでこなしていたとは…。本当に頭が下がります。っていうか、もしかして、この話、パンフレットに書いてあったかなぁ??確認してみよう…。

全体的には、激しく共感し、激しく頷いて聞いておりました(←うざいヤツ(^_^;))。また機会があったら、ぜひぜひ行きたい~っ!(夫や三人の子供たちが再び許してくれるのなら、ですけど(^_^;))

以下、ゴータマさんのHP。

http://www.nonareeves.com/life/gotama/

↓吉岡さんのブログ。

http://ameblo.jp/soulsearchin/

お二人には、HPをリンクしてもいいか、聞いていないし(^_^;)、あまりに恐れ多くて、会場でも声をかけられませんでした。すみません~(>_<)でも、本当に聞きに行って良かったですっ!楽しいトークをありがとうございましたぁ~っ!

はぁ~。完全に備忘録でした(^_^;)いっじょーに長くて、ダラダラした文章にもかかわらず、ここまで読んでくださった方々、ありがとうございます!

|

強烈にカッコ良いセクシーな小悪魔。

映画、観ちゃいました。マイコー、カッコ良すぎました。リズムを取ったり、踊ったりするのをこらえるのが、大変でした。「マイコォオオオオオオオオオオオッ!」と叫ぶのをこらえるのが大変でした。手をたたいたり、ウェーブするのを我慢するのも大変でした。本当のコンサートに行ったかのように、一緒に歌って踊りたかった。

ジュディスになりたかった…。メキアになりたかった…。オリアンティになりたかった…。マイコーは、なんってセクシーなんでしょうか…。マイコーの小悪魔的な表情&しぐさにノックアウトされまくりました。つい映画の中のマイコーに微笑んでしまいました。こちらの頬が赤らみました。だって、女性に、とっても優しいんだもの~っ!!!ま、男性にもですけど、特に女性。(あ、画面の中の女性になりきり過ぎかも?特にジュディスは日本人の血が流れているから、なりきりやすかったりして(^_^;)ジュディスの場面は、サイッコーです。)

あの画面にいた人がこの世にもういないというのは、信じられません。というか、やっぱり信じたくないです。

どうやって、死ねるのかが理解できない。薬漬けだったこともやっぱり信じがたい。

年齢が50歳であったことも信じがたい。あれのどこが50~?!

どっかで元気よく生きているんじゃないか。

そう思わさせられました。

なんだか、沢山の元気をもらってしまいました。生きているはずないのに、確実に生きているなぁ、と確信させられてしまいました。何言ってるかわからん。

何度も見たい、と思わされる映画でした。

ネタバレしない程度に感想を書いてみました。

|

メモリアルを見て、また心が空っぽに。

メモリアルを見ました。もうずっと泣きっぱなしで、もう本当に言葉が見つかりません。

ブルッキーはとても良い友人だったということがよく分かりました。「ただの同伴者?」なんて言っちゃって、ごめんなさい。

前の日記でも紹介したsmileをジャーメインが歌い、涙が止まりませんでした。

プリンスくんとブランケットちゃんがガムをずっと食べていたのは気になったけど(アメリカ人やなぁ笑)、パリスちゃんの最後の言葉も、もう本当にどう表現していいかわからない感情になりました。

パリスちゃんの最後の言葉。

Ever since I was born, Daddy has been the best father you could ever imagine.

I just want to say I love him so much.

もともと凄く遠い人物であることは分かっていましたが、あまりにマイコーにどっぷり浸かっていたので、勝手に親近感を覚えていました。でも、今回のメモリアルで、マイコーの素晴らしさ、凄さを改めて認識して、やっぱり遠い手の届かない人物だったんだなぁって。本当に天の上の人になってしまいましたが、歴史上に残るような想像を絶するほどの凄い人なのに、身近に感じさせる人間らしさに改めてまた惚れこんでしまいました。

…って、何言ってるんだか、わけわからないですね(^_^;)

とにかく素晴らしいメモリアルでした。あの棺から、バーンってマイコー登場しないのかしら、と何度期待してしまったことか。本当にいなくなってしまったんだ、と再認識し、また心が空虚になってしまいました。

| | コメント (19) | トラックバック (0)