カテゴリー「寄せられた質問への答え」の6件の記事

取り急ぎ、質問に対する答え。

リサと子供を作らなかった理由について、噂レベルのものは、以下の記事の最後の方に書いています。

http://mjwomen.cocolog-nifty.com/mj/2009/07/post-f70c.html

後、リサが、子供を何人でも作る、と離婚後にマイコーに手紙を書いていた話や、リサがなぜ子供を作らなかったか、マイコーなりの見解は、シュムリーテープの中で、マイコーが話しています。それらは、以下の記事に書いていますので、ご覧下さい。

http://mjwomen.cocolog-nifty.com/mj/2009/10/mj-3b87.html

デビーとの子供達については、マイコー自身が自分と血のつながった子供であると断言していましたし、実際に、血がつながっていると思われます。ただし、重要なのは、血のつながりがあったかどうかではなく、彼らの親子関係なのではないかと思います。彼らは、素晴らしい親子関係を築き上げていましたので、誰の目から見ても、正真正銘の親子であることは間違いのない事実でした。マイコーは彼らの正真正銘の父親です。

自分の血が入っている子供を作りたくなかったかどうか、ということですが、ブランケットちゃんは、明らかにマイコーの血が入っていると思われます(以下の記事参照)し、先に書いたとおり、デビーとの子供達も血はつながっているはずですので、自分の血が入っている子供を作りたくなかったはずはない、と思っています。

http://mjwomen.cocolog-nifty.com/mj/2009/09/_-7599.html

この辺の情報は、マイコーが言った真実がかき消されるかのように、ガセネタばかり流されるし、デビーが、これまた、発言があれこれ変わったりするので、私も定かな情報はこれですっ!!と提示できるわけではないですが、私は、3人とも血がつながっていると思います。そして、血がつながっていなかったとしても、父子に変わりはないので、血のつながりに関してはどうでもよい、とも思っています。

|

マイコー情報に対するスタンス。

コメント欄で、ご質問がありましたので、一応私の見解を述べさせていただきます。

スピリチュアルね~。マイコーも、スピリチュアル・アドバイザーだったシュムリーに救いを求めていたのに、結局裏切られた、という印象があるので、このブログでたまにピックアップしているタラボ情報と同じですね。話し半分で読んで聞いて、決して全てを信じない、というところでしょうか。あ、スピリチュアルの意味が違うと言われそうですね・・・(^_^;)

えーと、過去に、江原さんよりも、信ぴょう性が高そうなスピリチュアル結果を提示しているいくつかのサイトを何人かの読者様に送っていただいたことがあります。で、そういう結果もあるのか、とは思っていましたが、それで救われる方がいらっしゃるのなら、それはそれでいいのかなぁ、とも思いました。信ぴょう性については、どうにもこうにも分からないです。

過去の記事(

http://mjwomen.cocolog-nifty.com/mj/2009/09/post-cdf3.html

)にも書いたように、他人がマイコーについて書いている本も、さまざまで、基本的に、アフロ本(裁判本)とエイドリ本(マイケル・ジャクソンの観察日誌(今は、全記録))、キャサママ本の3冊以外は、話し半分で読むべきものだと思っています。

マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS) マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS)

著者:アフロダイテ・ジョーンズ
販売元:ブルース・インターアクションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009

著者:エイドリアン・グラント
販売元:ユーメイド
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Michael Jackson: A Visual Documentary 1958-2009 The Official Tribute Edition Michael Jackson: A Visual Documentary 1958-2009 The Official Tribute Edition

著者:Adrian Grant
販売元:Omnibus Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book_4 本として出版している以上、お金が絡んでいますので、信ぴょう性について、どうか、と聞かれると、何とも言えませんから。マイコー本なんて出せば売れる状況になってますものね。一応、タラボ本の中で、このブログに紹介しているものは、タラボが最後の方に載せている情報源を見て、書いています。載せているのは、ほぼリサの部分くらいですが、これは、タラボがリサの伝記を書こうとしていたため(結局ぽしゃったらしいが)、リサへのインタビューを元に書いているものが殆どです。とは言え、これまた、タラボの解釈がはいっています。なので、後は、自分の勘と、それまで読んで、見て、聞いてきたマイコーの言葉と照らし合わせるしかありません。

そういう意味で、一番安心して読めて、信ぴょう性が高いのは、お金と全く関係のない純粋なファンが昔から書いてきたものだと思っています。やはり思い入れも強いですし、純粋な愛が感じられます。マイコーが天に召されてしまい、マイコー現象が再び起こったことにより、体調を壊された方々もいらっしゃる、と耳にしているので、ここでは、紹介できません(このブログの『必見サイト』のリンク2つが精一杯です。とよさんは承諾を受け、レジェンドさんは直接の知り合いではないですが、リンクフリーだったため、掲載させていただいています)が、ぜひ探されるといいかと思います。って、こんな私のブログにたどりついているくらいですから、既にお気に入りサイトのいくつかはお持ちだと思いますが(^_^;)

というわけで、長々と書いてきちゃいましたが、真実は、(スピリチュアルでも、他人の書いたマイコー本でもなく、)マイコーのみぞ知る。他は話し半分で。というスタンスが一番楽なのではないでしょうか?マイコーの情報を追いかけていると、だんだん、信ぴょう性のあるもの、ないものを嗅ぎ分ける力がついてきて、賢い読者になれる、そんな気もしています。

このブログも、田舎の一主婦が、マイコーが、タブロイドで言われているようなゲイでも、幼児性愛者でもない健全な男性であることを証明するために、色々なところから情報を集めて書いています。あの裁判のとき、日本では、「マイコーは無罪になったけど、子供にあれこれやっているに違いない!」という意見が大半で、悔しくて仕方なかったので。今でも、こういうカキコミがあったことを思い出すだけで、涙が出そうになります。現在、このブログを、タブロイド色が強いだとか、キモブログだとか、信用性がない、など、明らかに、ちゃんと読まずに、あれこれ言ってる方々がいらっしゃいますが、そういう方々には、あの裁判のとき、あなたは何をやっていたのですか?マイコーのことをどう考えていたのですか?と問いたいです。Don't fuckin' judge me!

ああ~、やっちゃった!こいつらのことは書くまい、と思っていたのにっ!!twitterのみなさんに慰められて、気にしないっ!と思っていたのに~っ!!!Tさんに言われたように、こいつらに振り回されて、マイコーを見失っちゃいかん!と思っていたのにぃ~っ!!このブログも話し半分でっ!って言おうと思ったのにぃいいい~っ!

なんかあれこれ書いているうちに、最後は、「千葉リサコの怒り」的になってしまいました(^_^;)何言いたいんだか、分からないですね。質問してくださった方、ここまでうっかり読んでしまった方、すみませんっ!さっさと退散っ!!

|

あれこれ、ご質問にちょこっとお答えします。

HMVでマルチバイするよりも、アマゾンで普通に予約をした方が、微々たるものですが、安かったりするのですね。というわけで、ソウルトレインとTIIのDVD、アマゾンで予約しました~。更にっ!オーパスからメールが今日あり、18日には届きそう?!少なくともクリスマス前には届きそうですっ!うれP~っ(はっ、死語)!

で、質問が続々来ています(^_^;)少しずつ、お答えしますね。

1077529795joannathomae まず、ジョアンナ・トーマエは、何度もこのブログでも言ってますが、ちょろちょろ会っていたのは、会っていましたが、何もないですからっ!(たぶん…。よわっ(~_~;)!)あまりに何もないせいか(?)挙句の果てに、ネバランの他の従業員と○ッテしまったという(あくまで)噂まであるくらいですから、気にする必要は全くありゃしません。フランスから、遥々アメリカまで、あのインビのサイン会のためだけに来たので、マイコーのファンサービスとして、電話番号を聞いてあげて、ネバランに招待しただけの話だと思われます。あくまで、私、リサコの解釈ですが。確かに尻はでかいかもしれないけどっimpact

そして、リサとのジミ婚の訳ですが、すっかり書くのを忘れていましたね(~_~;)マイコーはあの通りロマンチストなので、かつてジャー兄が盛大にやったように、自分も盛大にやりたかったそうなのです。でも、最終的に、ドミニカ共和国の15分の簡単な略式結婚式になってしまったのは、ただ単に準備不足だったということと、メディアが結婚式をメチャクチャにしてしまうことへの恐れがあったからだそうです。タラボ本からの解釈なので、本当のところはどうだかわかりません。

H_accommodation_exclusive_villas ちなみに、式は、Casa de Campoというリゾート施設から80マイル東で執り行われたそうなのですが、このCasa de Campoの一晩4000ドル(100円換算で40万円)するオーシャンフロントヴィラを隠れ家のようにお使いになっていたそうです。流石セレブ~っ!

http://www.casadecampo.com.do/index.php

後、あらゆる人たちの相関関係がよくわからない。つまり、登場人物が誰なんだか、わからない、という質問もいただきました。要するに以下のspyseeのように、マイコーのネットワークを解説付きで知りたいのだと思いますが、登場人物が多すぎて、これはマジでまとめるのが大変です。なので、後日。以下のマイコーのspyseeもキャサママの写真がジャネットになってるくらいですからね(^_^;)

http://spysee.jp/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3/22724

そして、最後に、あのにっくきバシールのLiving with Michael Jackson(邦題「マイケル・ジャクソンの真実」←こういう邦題にする日本人の感覚にも問題あり)を見たい、とか、バシールの名前が分からず、あのヒトは誰?という質問をいただいていますが、裁判のきっかけになったのは、あのうんこバシールのうんこ番組(こちらにいつも登場いただいているお医者様の口癖をパクってごめんなさいね~(^_^;))ですので、あの番組は見なくていいですし、バシールのことなんて、記憶から抹殺した方が、ご自分のためだと思います。ABC放送で、マイコーの追悼番組をクソバシールがやって、ファンたちの怒りを買いました。こいつの名前を書くことさえも、ムカつきます。

マイコーの周りには、かなりムカつくやつが多いので、後日、相関関係をまとめる際にでも、ムカつく理由を書きたいと思います。いつになるか分かりませんが…。っていうか、かなり消極的なので、書かないかもしれないです…。それよりも、ダイアナとマイコーの年表を作りたい…。

他の質問は、すみません…。また後日…。もはや、来年になるかもしれませんが、首を長くして待っていてください~っ。

ちなみに、お気軽にご質問いただくのは、良いのですが、一応、ある程度、ネット上で調べられた上で、どうしても欲しい答えがない場合に、ご質問していただけると助かります。たまに、このブログさえも読まずに質問してるだろ…、という質問もありますので。よろしくお願いします~。

|

リクエストにお答えして、再度動画をアップします。

非公開にした日記にアップしていた動画がリクエストされましたので、再度そこの部分だけ、アップしておきますね~!テディ・ライリーが最初に出てきて、後で、オルテガが出てくるこの動画のことですよね?違っていたら、お知らせください~。

-------------------------

マイコーは、育休明けで、子供たちに自分のパフォーマンスを見せたかった、ファンに感謝の気持ちを伝えたかった、

そして、MTV追悼番組のヒューマンネイチャー(http://www.youtube.com/watch?v=HzJW7B4FKr8)でオルテガが話していた話ですが、

10年以上前にwe are the world とか、earth songとか、heal the worldとか、書いたけど、今の地球はどうなっている?人の住んでいる環境は?何も変わっていないじゃないか?今後4年から6年の間に地球をどうにかしないと、取り返しのつかないダメージを与えることになる、未来の世代を救えなくなる。メッセージを残さなくては!

という話を、マイコーは、ケニー・オルテガとして、ロンドン公演に臨もうとしていました。

------------------------------

ブレット・ラトナーがマイコーをインタビューした動画。これは、リクエストされていませんが、何度見ても、マイコーの凄さに圧倒されるので、また貼っておきます。

特に、2:40からのブレットとのやりとり。

「今持っている知識があった上で、あなたのキャリアでやり直すとしたら、何をしますか?」「もっと練習するよ。」

「人生で得た教訓とは?」「誰も信じないということ。」

http://www.youtube.com/watch?v=UvKwAXSVRU8

http://www.youtube.com/watch?v=FxlU2vNsYH0

|

Tell me more, tell me more♪

どーでもいい話ですが、質問に答えていたら、以下の曲が頭をぐるぐるしてしまいました。Tell me more, tell me more♪グリースのsummer nightsです(^_^;)この二人も、当然ご存じだとは思いますが、リベリアン・ガールのSFに出ています。あんなお宝SF、マイコー以外には作れないですよね。やっぱりone&onlyです。

http://www.youtube.com/watch?v=blcvkFqeKac

ちなみに、私、マイコーでもないし、ジャクソン家の人でもないし、マイコーに会ったこともないただのマイコーオタクで、勝手にリサに親近感を感じているだけの人なくせに、もっともらしく答えちゃって、なんだか恐縮です(^_^;)ぜひ、話半分で読んでくださいね~!

本当の生マイコーについて知りたい方は、ぜひジャクシティに行ってください。実際にマイコーに会ったファンの方々がその時の話をされています。

ではでは、続きの質問にお答えします。

■スリラー共演者について。Thriller Mjolaray_jpg

彼女の名前はOla Rayです。小さい頃、父親が日本の米軍基地で働いていた関係で、日本にもいたという話があります。プレイボーイのプレイメイトでした。スリラーの監督のジョン・ランディスに目をつけられ、共演しました。オーラは、付き合いたかったみたいですが、マイコーとのお付き合いはありませんでした。youtubeのカキコミに面白い話があったのを覚えています。彼女がリハから帰る際に、マイコーがわざと車を横に止め、彼女が誘われるかと期待して反応すると、ぶーっと走り去った、という話です。なんともマイコー、性格悪いわね~、オーラがマイコーを好きなのをわかってて、ひどいなぁ、と思ったのですが、事実確認は取れていない話です。

1992年にはコカイン所持で逮捕されています。(http://www.youtube.com/watch?v=iTq8p2ehtcM)今年5月には、マイコーに対し、ロイヤルティの不払いで訴えています。でも、(ミラー紙によるものなので、本当かどうかわかりませんが)過去にマイコーは、オーラがお金に困っている際、何度か小切手を切ってあげていたそうです。

彼女には、13歳の娘さんがいるそうです。

■追悼本について。

洋書、和書共に、あまりに沢山出ていて、私もさっぱり分かりません。お役に立てず、ごめんなさい。予約などせず、アマゾン等で評価を見てから購入された方がいいと思います。

■リサとの結婚時期はイケていないのでは?ということについて。

Shorthair3 Yanaリサとの結婚時期は、長い髪の時もあれば、短い髪の時もあったのですが、きっと、左の写真の髪型と赤い口紅がイケてないということを仰っているんですよね?たぶん…、ユアナロを直視できないということでしょうか(笑)ユアナロが苦手なファンは多数ですので、ご心配なく(←何を)。

93年事件の時にリサはずっとマイコーを影で支えていた方ですし、リサ前に比べて、リサ後は、マイコーは飛躍的にマッチョ度を増します(ヒスツアの金パンのパンパン度と言ったら、もう…。じゅる。)ので、決してリサが原因で、イケてないということではない気がします。リサがステージを睨みつけていたデンジャパフォも、髪は短いですが、めちゃくちゃカッコ良いですしね。

Cool でも、髪型は、今年のチリ毛復活でも世界中のファンが大絶賛したように、チリ毛がやっぱり一番しっくりきますよね。口紅は真っ赤ではなく、ナチュラル系にしてくれれば、と願うファンも多かったようですよね。あの頃は、白斑を隠すために、カレン・フェイが白塗りメイクをしていた時期です。唇の色素もたぶん抜けていたのだとは思いますが、ナチュラル色にすると、どうも舞台映えしないとか、何らかの理由があったのだと思います。

■リメンバ椅子パフォについて。

Remember

rockyさん!代わりにお答えいただいてありがとうございますっ!で、でも…、実は、あれは演出なのです。当時、かなりご多忙だったマイコーがリハに参加することができず、仕方なく、ああいう演出になったとか。なので、rockyさんが貼ってくださったyoutubeを再度、こちらにも貼っておきますが、5:28くらいから、説明するにも、ずっとニヤけっぱなしなんです。マイコーもエディも(笑)。マイコー、ウソをつけない人です(笑)そこがまた大好き~っheart04そして、かなりこの演出を楽しんでおられるのが、また素敵(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=X11xVFi6GCE

■ノーベル平和賞の署名活動について。

数日前に、以下のリンクで協力していましたが、既に完了し、

http://www.petitionspot.com/petitions/mjfornobelpeaceprize/

すえおさんのリンクしてくださったものが実際のレターですね。教えてくださって、ありがとうございますっ!早速、署名しました。こちらにもリンクを載せておきますね~。

http://www.petitionspot.com/petitions/mjnobelpeaceprize/

|

ジュディス・ヒルさんのことなど、コメントの質問にお答えします。

だいぶ質問がたまってきましたので、できる範囲でお答えします。あくまでも私の一意見でしかありませんが。

■まずは、ジュディス・ヒルさんについて。Judithhill

追悼式でheal the Worldを歌った女性ですが、彼女は、黒人と日系アメリカ人のハーフです。ロンドン公演で、バックコーラス及び"I Just Can't Stop Loving You." でデュエットをやる予定でした。heal the worldは突然依頼されたもののようです。以下の動画で言ってます。http://www.etonline.com/news/2009/07/76231/index.html

マイコーの心が一番分かっていたのかどうかは、よくわかりませんし、ジャパンツアーでマイコーと知り合ったわけではなさそうです。彼女は、大学卒業後、しばらくフランスにいて、アメリカに帰ってきてから、アルバムに取り組んでいる最中に、ロンドン公演に参加することになったそうですので。

■次。R.ケリーの話題が出たので、ちょっとおもしろいものを紹介。R.ケリーのTrapped in the closetをパロったWeird Al YankovicのTrapped in the Drive-Thru。

http://www.youtube.com/watch?v=qmGVYki-oyQ

この"Weird Al" Yankovicはマイコーのビートイットやバッドもパロっています。

http://www.youtube.com/watch?v=fqz1ojIQTBk

http://www.youtube.com/watch?v=HyfcOriVKBM&feature=channel

Weird Alのコメント。
For the first time since Michael Jackson's death, 'Weird Al' Yankovic, the parody king who had some of his biggest hits spoofing the King of Pop's tunes, is speaking out about Jackson's tragic death.
"The first time around I pursued Michael Jackson about a song parody, it was a shot in the dark. We're talking about the most popular and famous person in the known universe, and here I was, this goofy comedy songwriter. He not only returned our phone calls, but he approved it. He thought it was a funny idea," Yankovic writes in a Rolling Stone tribute to Jackson.
"The first time I met him in person was long after I had gotten permission to do "Eat It" back in 1984. There's a contract somewhere that has his signature next to mine, proving that we are the co-writers of "Eat It," which is surrealistic in and of itself," Yankovic says.
He goes on to say that "seeing him [Jackson] in person was amazing, it was otherworldly. He was and continues to be so iconic, it's hard to even conceive of him as a human being. He always was bigger than life."
Yankovic also says he realizes just how much Jackson's songs impacted his own success. "I don't know what kind of career I would have today if it hadn't been for Michael Jackson. In a very real sense, he jump-started my career. 'Eat It' basically changed me from an unknown into a guy that got recognized at Burger King," Yankovic wrote.
Eat itはマイコーとの共作だったんですね(笑)大爆笑。
■イアン・ハルパリンについて。
昨年12月にマイコー重病説を流していたたわけ者ですね。カナダ人のジャーナリスト兼作家で、セリーヌ・ディオン、スーパーモデル、カート・コバーン、ジェームズ・テイラーについての本を書いており、60 Minutes IIとか、Court TVに出ているようです。ダイアン・ダイモンドと同じようなインチキ自称ジャーナリストじゃないでしょうかね~?と思いましたが、以下のサイトを見たら、どうやらベストセラー作家のようで…(-_-;)
どちらかというとタラボに近い存在なのかもしれません。
で、この人が書いたマイコーの伝記゛Unmasked: The Final Years of Michael Jackson゛ には、ゲイのこと以外に、93年事件、MJ裁判は、共に、全くの無実であるということが書かれてあるそうです。まぁ、でも、これは、もうこのブログの読者だったら周知の事実なので、わざわざ買って読まなくてもいいよね、なんて思ってしまいます。
上のHPにはアル・シャープトンとか、ジェシー・ジャクソン、フランク・ディレオと一緒に映っている写真がありますが、なんか胡散臭い~!!どっかの記事か忘れましたが、マイコーのために、真実を暴くみたいなことが書かれていて、偽善者っぽい~!ゲイって書いている時点で信用ない~!買う気しない~!
え~と、あくまで、私の一意見です…。
■シャナについて。
シャナとの別れはよくわからないです。シャナの日記に貼った動画によると、マイコーがリサとのハネムーンから帰ってきたあと、シャナはマイコーに謝られたそうですが…(^_^;)その後、ヨリを戻したのかどうかも??で、シャナと結婚すれば、うまくいったかもしれないのに、という話をされている海外のファンの方、いらっしゃいました。でも、シャナと結婚していたとしたら、リサのような大物ではないので、つり合いがとれないし、全世界からのいじめにあったでしょうから、大変だったんじゃないかなぁ、と個人的には思います。
ちなみに、シャナは、ゴーストにも出ています。良かったら探してみてくださいね!
■タチアナについて。
どちらがキスをしたかということですが…、タチアナからキスをしない限り、解雇の理由がないので、たぶんタチアナからだと思います。「キスして良い?」と事前に彼女が確認をとっていたという記事も読みましたし。ですが、もし、マイコーからだったら、きゃぁあ!さっすが!男、マイコー!よっ!って感じですね。「マイケルからキスをしたって信憑性の高い記事もあるんだ」とコメントされていますが、あるのでしたら、コメントに貼ってください。みなさんの良い判断材料になると思いますので。よろしくお願いします~!
■「贖罪」という本について。
redemptionという本ですよね?
この本は、翻訳家の方が日本語に翻訳したものを持って、出版社をまわったという話(http://www.worldforum.jp/information/2005/03.html)は、読んだことがあります。でも、詳細は分からないのですが、その過程で何かもめごとがあったらしく、翻訳本の出版が見送られたそうです。
今でもいいので、翻訳本、出していただきたいですよね。
ちなみに、93年事件についての記事で、必読なのは、以下のGQの記事です。この記事の翻訳も、昔は日本人がやってるHPにあったのですが、そのHPが閉じてしまい、今はおそらく英語のものしかありません。もし日本語のものが見つかりましたら、アップしますね。

|