« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

anotherうんこマーレー

えへへ(^^)このブログ、あまり更新をしていないせいか、マイコー関連記事を載せていないせいか、読者数がげっきげんしているので、過激に、リサコ節、かまさせていただきますっ!ヘイターも流石にもう読んでなさそうだし~。おーほっほっほっ∵ゞ(≧ε≦o)!(もう壊れてる…。)

先日、浦安で会社経営をされている方に「このままの自粛モードでは日本経済が危ない!」と聞きました。その話で、ネズミーランドが施設など無傷にも関わらず、電気のためだけに休園しているとの話もあり、そのネズミーランドや周辺ホテルの従業員数のことを考えると、胸が痛むし、本当にまずい、と頭を抱えておられました。これは、ネズミーランドに限ったことではなく、東京のどのお店も薄暗く、ガラガラだと。明かりは景気のためにも大事だと。

そこで、ハッと思い付いたのが、このタイミングだったら、マイコーファンだけで貸切にし、チャリティイベントをするのも可能だったりするのでは?なぁんてアホなこと思いついて、これは、交渉しなきゃ!とよさんに声かけよー!と思ったのですが、ネズミーランドのHPを見たら、15日に再開されるとのことっ!明後日じゃないですかっ!これは、自粛している場合ではありませんっ!ネズミーランドに、みなさま、GOですっ!!

そして、その経営者さんと話している時に、福島原発の話も出ました。彼によると「初歩的なミスで、この大事故が起きてしまった。だから、そのミスさえなければ、こんな大事故は起きなかった。ただの手抜き工事のようなものであり、注意を受けていたにもかかわらず、それをしなかったお役所体質がまずかったってこと。逆に、原発の安全性が証明されてしまったね。問題なのは原発ではなく、その周辺を取り巻くお役所体質な東電。」だということでした。

63575_484705730016_271254970016_587 ここで、私は、東電の上層部の前で「you're just another うんこマーレー♪ヒーヒー♪フーっ♪」と歌ってやりたくなりました。(もうやけくそっ!)

更に以下の本を読みました。著者二人の大きなつぶやきでしたが、エネルギー問題含む環境問題も大いなる政治なんだなぁ、と思いました。あああ~ああああああ~あ~っ!what have we done to the worldって…。政治的なやり取りで無茶苦茶やってしまってるのね~(-_-;)流石マイコー、全てお見通しだよね…、と思いました。money♪もチラホラ頭の中を流れてきちゃいました。

ほんとうの環境問題 Book ほんとうの環境問題

著者:池田 清彦,養老 孟司
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』を観て、ミツバチにまんまと刺された人しかり、災害直後から、声高に一面的で感情的な論法で反原発を訴える人達には、正直うんざりしています。今、反原発デモなんてやってる場合じゃない。そんなことよりもやるべきことは山ほどあり、今、非建設的なことに時間を奪われている場合じゃないです。そういう方々は、一度被災地でボランティアをされるか、原発処理の補助をやっていただきたいです。

私は、反原発でも、原発推進派でもありませんが、福島県民ならいざ知れず、安全な場所にいながら、原発による電気を使い、あまりに優先順位を間違っていて、KYな発言を繰り返す反原発の人達の言動は好きではありません。もう少しちゃんと勉強していただき、大局的に物事を見つめ、建設的な議論をしていただきたい。

さらに、反原発の人達にはこの記事も読んでいただきたいです。メディアにも報道していただきたい公平な記事だと思います。

…と、不平不満ばかり言ってるのもどうかと思うので、私も、ささやかな行動を。

先月25日までにモ会に振込ができなかった方々から、モ会に振込をしました、とか、civic forceに寄付しました、というメールをいくつか頂戴いたしました。ありがとうございます(>_<)今回の震災は息の長い支援が必要だと強く感じています。

よって、justgivingで、チャレンジを作成しました!8月にやろうと思っていましたが、前倒しにしました。目標額は設定しなければならないので、設定してありますが、目標額を超えても、寄付は続けていきたいと思います。今後、ご賛同いただける方は、こちらの方よりご寄付をお願いいたします。口座はそのまま残していますが、できるだけ、チャレンジに参加する形でのご寄付をお願いいたします。

日本赤十字社についてはニュースにもなっていますが、清水さんのようなご意見もあり、寄付された先、寄付金がどうなっているかを確認するのも寄付者としてやるべき大切なことだと思います。

civic forceのマンスリー・レポートには、今の被災地の状況、これからのcivic forceの取り組みが書かれています。是非ご一読ください。

後、本当にささやかですが、今、事情あって、ボランティアに行けず、悶々としている方ができることとすれば、風評被害を受けている野菜や魚を買うことですね。福島県民に対する風評被害はもってのほかです。マイコーファンの中にも福島県民はいらっしゃいます。野菜や魚を食べて、私の体がガンになれるもんなら、なってみろってんだいっ!ふんっ!

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »