« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

怪獣コプラ(オプラ)の化けの皮の厚さ。

Colorpurple18_2 いやぁ~、リサのインタビューでもかなりムカついていましたが、またムカつくことがありまして…、更にムカついて…、更新はモ会以外、一時休止します!と言いつつ、更新してます(^_^;)こりゃ、ダメだ…。なんだかんだで、マイコーのことで胸騒ぎを感じたら、書いてしまうんだろうなぁ…って感じです。マイコーのキレのある踊りみたいに、微妙にスパッとしていなくて、ごめんなさい~っ!

はいっ!ムカついているのは、タイトル通り、怪獣コプラの化けの皮の厚さですっ!コプラって一体?!コプラはですね…、ファン仲間と付けたオプラのあだ名です。海外ファンで、オプラをコブラ呼ばわりしていた方がいて、私が真似していたら、オプラは器が小さいので、コブラほど立派なものではない、「コプラ」くらいにしておいた方がいいのでは?とファン仲間に言われ、なるほどっ!そうしましょうっ!ということになりましたwww

というわけで、怪獣コプラについてのお話です。

まぁ、要は、マイコーの心を開かせ、マイコーで稼いだくせに、てぃ~っともマイコー自身のことを理解しておらず、93年事件以降、ずっと幼児虐待の疑いがあるということで、無罪になったにもかかわらず、今でも、サポートどころか、世論をマイコーの不利になるような形に誘導しているってことです。自身に虐待経験があるため、敏感になる気持ちはわかりますが、下手にそのマッシブな影響力を使うなよっ!

たとえば、マイコーが天に召された直後のコプラのインタビュー

(幼児虐待についての)真実はもう誰にもわからない、とほざいているんですよ。なんのための無罪だったんでしょうか…。コプラは、幼児虐待疑惑が出始めてから、マイコーへの熱意は、変わらなかったが、ただ悲しくなった、って言ってますが、こっちがただただコプラに対して悲しくなるわ…。

そして、最近のもので言うと、こちら。もう理解力が全くないことを露呈しており、誤解を受けるような発言をして、ファンを激怒させています。ランディやカレンなどのツィートを見ても分かる通り、マイコーにとっては、全くもって、アウトな人です。

良かったのは、はっきり言って93年のインタビューだけ。アメリカショービズ業界で生き残る術だけは天下逸品ですが、マイコーが天に召された後でもなお、こんな調子なので、化けの皮が剥がれる、剥がれる。いっそ剥がれまくって、暴動でも起きてほしいっ!

それなのに…、暴動どころか、荒稼ぎしています…。以下、ジャクシのマフレ限定で、思わず、書き殴った日記です。
-------------------------

フォーブスで、2位のエルビスを大きく引き離して、死後最も稼いだセレブに踊り出たマイコー。その額、1年で、2億7500万ドル((ほんとは80円切りそうだけど)おおざっぱに100円換算で275億円)。

ところがですよ・・・。唯一、あのコブラなオプラに負けてるんですよっ!!きぃいいっ!!!その額、3億1500万ドル(おおざっぱに315億円)!!

くっそぉおおおおおおっ!!!

あまりに腹が立って、悔しかったので、思わず、マフレ限定で、日記書いちゃいました。

生死関係なく、最も稼いだセレブの1位はコブラで、2位がマイコーということで、マイコーは、きっと、「いいんだよ、オプラの健闘を称えようじゃないか。(決してコブラとは言わない・・・)」とか言ってそうですけどね・・・(-_-;)

まいこぉおおおおっ!!!あぁあああああああ~っ!!!!なんて小さい私っ!!!

情報源はこちらです。

-------------------------

この日記の後、コブラ改名コプラになったのですが(^_^;)このフォーブスの記事自体、最初の一文が、そもそもムカつくんです。生きているときは、フォーブスのセレブランキングに入ってなかったって、ほざいているんです。 で、ファンが、コメントでそうじゃないだろ、80年代と90年代は入っていたぞ!って怒っているんですけど。だから、フォーブスのデータの信ぴょう性もかなり怪しいって話にコメントではなっているのですが。

結局、去年の6月25日直後と同じですよ。マイコーは、いつまで経っても、ちゃんとした扱いを受けさせてもらえない。コプラは、同じ黒人であるにもかかわらず、マイコーに対して敬意をちっとも表していない。あの人は、本当にヒドイ。コブラの猛毒以上です。他のことに関しては、凄い人だというのを認めざるを得ない部分もありますが、マイコーの件に関しては、私は許せません。

反対に、コプラと同じ黒人でも、敬意をきちんと払っているのは、ステファニー・ミルズです。生前、売れてからは別人でわからなくなったみたいなこと、ラジオで言ってましたが、マイコーが天に召されてからは、マイコーに対して酷いことは言ってません。以下のインタビューでも、マイコーが最も売れたアーティストであるにもかかわらず、トミー・モトーラみたいな人達は、マイコーをただの一人の(差別される)黒人としてしか扱わなかった、世界は、マイコーを受け入れる器ができていなかった、マイコーは、全てのことに対して愛があったために誤解を受けてしまった、別れたのは、ステファニーは結婚したかったが、マイコーはまだまだ結婚前にやることがある、ということで、別れた、とお話しされています。

http://www.youtube.com/watch?v=s-AYRprIYQ0

スティーブ・ハーヴィも、マイコーを守ってくれる方です。クリス・タッカーも。

はぁ~、誰か、やっぱり、マンガ描いてくれませんかね~?怪獣コプラ、ぜひっ!

ちょっと、書き過ぎたかしら?まぁ、いーや。リサコのたわごとってことで。久々の更新でしたっ!

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »