« 大切なマイコー本には、指紋をつけてほしくない・・・。 | トップページ | ティトも証明済み。やっぱりゲイじゃない。 »

モイケルの会(モ会)について、ここで一旦まとめ。

途中で、なんだか、部外者にあれこれケチをつけられ、気分が悪くなったので、過去記事を全て非公開としましたが、ここで、気を取り直して、モイケルの会について、まとめておこうと思います。

--------------------

モイケルの会。

マイコーが天に召された後、私の敬愛する名探偵さんが、「ジョー・ディマジオは、自分が死ぬまでマリリン・モンローのお墓にお花を贈り続けたけど、リサは、やるかなぁ…。」と呟いていたことが、ずっと心に残っていました。

そこで、マイコーのお墓にお花を贈る計画を秘かに頭の中で立てていたのですが、途中で、マイコーのお墓にお花を供えるよりも、3人の子供たちに、お父さんへの感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈った方が良いのではないか、と思い直しました。更には、マイコーの遺志を継ぐべく、チャリティを行うことも視野に入れていました。

最初に贈り物を送ると決めた日程は、4月23日。なぜ、この日かというと、1973年4月23日が、マイコー(ジャクソン・ファイブ)の初来日だったからです。

100301_2331_2 日本から贈るので、当然、日本らしくて、子供が好みそうなものを贈った方が良い、ということから、以前の記事でも紹介したモイケルをメッセンジャーに見立てることにしました。そして、以下のメッセージをモイケルに持たせることにしました。

「こんにちは、僕はモイケルです。日本にいるファンのほんの一部を代表して、このメッセージとプレゼントを贈りたいと思います。なぜ、今プレゼントを贈るかというと、4月23日は、お父さんが初めて日本に来た日だからです。この日から、日本とお父さんの関係が深まりました。みんな、お父さんのことが大好き で、お父さんの歌、ダンス、パフォーマンス、チャリティ活動、言動、人格すべてにおいて、インスパイアされたり、励まされたりしてきました。お父さんに は、家族を大事にすることや、他人のことを慮ること、愛することを学びました。お父さんがいなければ、今の私たちもいなかったと思います。今でも、お父さ んのことが、みんな、大好きで、恋しがっています。お父さんに心の底から感謝の気持ちを示したい。そう思って、心ばかりのプレゼントをプリンス君、パリスちゃん、ブランケット君に贈りたいと思います。」

そして、このブログの読者様で、この企画に賛同していただける方に、モイケルの口座宛に寄付金を振り込んでいただきました。振込金額は、100円から、皆さまのお気持ち次第でいくらでも、ということで、今年の2月11日にモイケルの会の参加募集記事をアップし、2月末まで受付けました。

Imgphp_2結果、124名の方に、寄付していただき、最終残高は20万円ちょっとにまでなりました。寄付していただいた方、ご賛同ありがとうございましたっ!ここで、改めてお礼を言わせていただきます。

モイケルの会の今年度の動きを、時系列でメモ風に書かせていただきますと・・・

2/11 モイケルの会の参加募集記事をアップ。

2/26と2/28 モ会の口座番号をブログにアップしていたために、mixiの千葉リサコのアカウントに、イタズラ脅迫メールが届き、気持ち悪くなり、mixiのアカウントを削除。モ会の金銭面での報告については、ジャクシティで報告することにする。

3/2 国際郵便でプレゼントをエンシノに贈った日本のMJファンの方のプレゼントが受け取り拒否され、返送されてきたので、この企画はやめたほうがいいというアドバイスを受ける。

3/26 受け取り拒否を避けるため、キャサママ宛に、大きいプレゼントを4月に贈るので、ぜひ受け取ってください、という内容の手紙をEMSで送る。

3/29 USPSのサイトで確認したところ、キャサママへの手紙を受け取ってもらえる。

4/7 新ジャクシティにお引っ越し。モイケルの会のコミュを作成。ここで報告をすることに。

4/16 モ会参加者のリストをメッセージと一緒に同封すべく作成。

4/20 モイケル2体、柔術モンチッチ一体、浮世絵(赤富士)、書道セット、漆器、漢字+名入れTシャツ3枚、半纏(愛、一番、め組)3枚が入ったダンボールに、タケ兄さんの愛がこもったマイケル画を貼り付け、モイケルの手紙と一緒に、EMSにてエンシノに贈る。

4/23 まさかの不在通知がエンシノに投函される。5日以内に、郵便局までエンシノにいる方がアクションを起こさないと、日本に贈り物が戻るとのことだった。

~5/2 twitter仲間が、Titoや、jodigomesさんとの連絡を試みたが、時既に遅し(>_<)

5/11 自宅にダンボールが戻ってくる。

~5/15 心ないコメントがブログを荒らす。

5/16 郵便事情に詳しい方から。贈り物が戻ってきた理由として考えられるのは、高い関税がかかっていたのではないかということと、対面での受け取りをしないことにしているのではないか、ということだった。

エステートに、贈り物はどこに送れば良いか、メールで確認したが、返事はもらえず。

5/27 Tシャツ3枚とモイケルを普通便でエンシノに送る。もちろんタケ兄のマイケル画付。日本に戻ってこなかったため、エンシノに届いたと思われる。

8/9 浮世絵と書道セットは、EMSのような対面受け取りの発送方法でないと、破損する恐れがあると考えたため、モイケルの会より、買い手を募集。購入金額をモ会に寄付していただくことにした。浮世絵の買い手に浮世絵を発送。

8/24 漆器と半纏を普通便でエンシノに送る。もちろんタケ兄のマイケル画付。書道セットの買い手に書道セットを発送。

9/1 口座残高が10万円ちょっとなのを受けて、10万円を寄付する先を発表

後は、クリニクラウンピッキオに寄付し、エンシノ宛てに報告の手紙を書いて、普通便で送ったら、2010年度モ会の活動は終了です。現在、寄付の手続きを行うべく、動いています。完了したら、twitterやジャクシティでご報告いたします。

モ会の皆様、とよさん、canoさん、タケ兄さん、lucyさん、こやこさん、アダチ版画さん、アドバイスとサポートを本当にありがとうございました!

2011年度は、贈り物はせずに、寄付のみ行ない、2011年になりましたら、参加募集をかける予定です。なお、なるべく、長い間、モ会は続ける予定でいますが、万一、私が活動できなくなり、引き継ぐ方もいらっしゃらない場合には、残額をどこかに寄付し、口座を閉じたいと思っています。

最後に、現在モ会に参加されている方々にメッセージです。

---------

マイケルに感謝の気持ちを示したい、という気持ちから、始めたこの企画。
マイケルの遺志を継ぐことで、マイケルへの感謝の気持ちを表したい。
これには、継続性が大事だと思っています。

ただ、もしかすると、2010年度の私の右往左往ぶりで、辟易してしまった方もいらっしゃるかもしれません。これは、ひとえに私の責任だと思っておりますので、継続を強要するつもりは全くありません。来年度モ会も、参加自由です。今年度モ会を見届けてから、退会されても、それは、皆様の自由ですから、お好きなようにされてくださいね!

ではでは、今後も、諸々ご報告させていただきます!

|

« 大切なマイコー本には、指紋をつけてほしくない・・・。 | トップページ | ティトも証明済み。やっぱりゲイじゃない。 »

モイケルの会」カテゴリの記事