« 来月に向けて。 | トップページ | コメント欄は閉じました。 »

このラト本じゃなくて、あのラト本。

5月6日の深夜に注文。UKからの発送だし、2週間はかかるんだろうなぁ、と思っていたのに、今日届いたので、びっくりっ!6日しか経ってないぜよ。

100512_2226_2
で、開けて、これまたびっくりっ!!な、な、なんとっ!!目的のラト本と違うラト本が入っていた~っwww!!!これ、ゴータマさんが、トークショーで、マイコーへのライバル心、むき出しっ!って言ってたあの本じゃないですかぁ~?!というわけで、アホなこと、やってみました。
100512_1451 大きさもほぼ一緒。で、今更、気付いたのですが、ラト姐ってば、青い目なのね。ジョーパパと一緒。

で、思わず、アメリカのアマゾンを覗いてみたら、更にびっくりしたことがっ!!
今回届いた本は、1991年にアメリカで出版されたものの、UK版。
書名は"The Controversial Expose of life in the Jackson Family"。

この本は、日本のアマゾン探しても見当たらないんですよね~。で、似たような名前の本(Shocking and Controversial Expose of life in the Jackson Family)が1996年に出版されているのですが、それが以下のもの。そう!なんと日本では、今回届いたものの改訂版と思われるものが10000円弱になっているのですよーっ!!(追記:一晩超えたら、13548円になってるよ…。おいおい。)

で、アメリカのアマゾンを再度覗くと、この本のカバーは以下の写真。
Lato そう、お気づきですか?イヤリングも違うし、お化粧が濃くなって、顔もきつくなってるの~っwww!!!!

で、ラト姐と言えば、プレイボーイ。そのプレイボーイも、アメリカのアマゾンでは、売ってるんですね。400円弱で。金額が高騰してないよ…、おいおい。ま、他のラト本も、アメリカでは、ちっとも値段が高騰していないんですが…。カムツージャピャーンっ!この本たちからしたら、日本では、いくらで売れるんだって感じですよね。ところ変わればってやつ?
Latoplayboy 1989年プレイボーイ。
Latoplayboy2 1991年プレイボーイ。
いやはや、早速、文句を言って、私の欲しい以下の本を送ってくれ、と依頼しました。

本当に欲しいこの"La Toya: Growing Up in the Jackson Family"は、以下のものと表紙が同じなのかなぁ?以下のは、なんで、"2"が途中で入っているんだろう…。しかも、こちらは、上記のものと同じ洋書のハードカバーなのに、中古3000円以上で、新品は6000円を超えている。謎だ…。え?565円じゃないの?みたいな。


いやぁ~、色々と見えてくるものですね~。

まとめると、私の欲しかったラト本は"La Toya: Growing Up in the Jackson Family"。日本のアマゾンでは、1990年6月発売となっていて、初版だと信じて、注文してみたが、アメリカのアマゾンでは、見当たらなかった。
で、日本のアマゾンでは、タイトルに数字の「2」が追加されているものがあり、1991年にハードカバーが出ており、1992年にペーパーバックが出ている。

"The Controversial Expose of life in the Jackson Family"は、今回届いたものを見ると、これまた1991年に出ていて、1996年にメイクとイヤリングを変え、タイトルに「ショッキング」という一言を加え、改訂されているということのようですね。

ってことは??ラトーヤってば、ビヨのサーシャ・フィアース状態?!じゃないですね。きっと。UKとアメリカでタイトルを変えているだけ?かな??よくわからん…。

ちなみに、共著している人は、全ての本で同じ人です。

しかも、今回間違って届いた本については、ラトーヤ・ジャクソン・プロダクションが著作権を持っています。他のは知らないけど、きっとラトーヤの会社ですよね。
growing~が届くまで、この本、読んじゃおっかなぁ~。

そして、アメリカのアマゾンでは、キャサママ本、中古2万円弱。アフロ本、中古13500円からで、新品が27000円くらい。アフロ本は、みんな、日本語で読むと良いよっww!

|

« 来月に向けて。 | トップページ | コメント欄は閉じました。 »

マイコー本、番組、リンク等」カテゴリの記事